Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

読書感想文

目標:月2冊という意識の低いブログ

29.湯を沸かすほどの熱い愛 / 中野量太

映画が気になってて、 見ようかと思ってた時本を頂いたので、 先に原作を読ませて頂けました。 ありがとうございます! 湯を沸かすほどの熱い愛だ…! という点だけを描いたのだと思えば、 素晴らしい人だ! なんて素晴らしいんだ!で終われるけど、 私は色々…

26.ふがいない僕は空を見た / 窪 美澄

高速バスの車窓からお届けします。8月がもう終わるというのに、 まだ7冊目だ… しかし今日が終わる前に読みまくります! この本は総じてなんだろう。 生来の気質なり、環境なり、 そういうものと向き合うのか、 向き合わないのか、 それはどういうことなのか…

25.自分の小さな「箱」から脱出する方法 / アービンジャー インスティチュート

ちゃんと読んだわけじゃないけど、 なかなかの図星だった。 箱の例えが分かりづらかったけど、 書いてあることはとても分かりやすい。 人間関係って難しくって、 私もよく人とぶつかるんだけれど (それはもう頻繁に!) 防御体制と自己欺瞞のせいだなあと つ…

21.注文の多い注文書 / 小川洋子×クラフト・エヴィング商會

私これを読み終えたと言っていいのか? いや、読んだんだけれど。 どのような注文でも取り寄せるクラフト・エヴィング商會が、とある小説にまつわる注文に応えていく本。 とある方がハードカバーで下さって、おおおすみません良いもの頂いてしまって…と思っ…

18.むかしのはなし / 三浦しをん

昔話を現代風アレンジにした短編集。 コンセプトに惹かれて読んでみましたが、 途中でめげそうにになった…。 分かり易い内容ではなかったし、 主人公にも共感し辛く… そのため、先に解説を読んでみたところ、 なるほどどうやらここからが面白いらしい。 よし…

15.預言者 / カリール・ジブラン

若干の反則… 読書するものではないですね、 まさにバイブルといいますか… ある土地を旅立つ預言者に、 街の人が最後の質問をする、 みたいな感じです。 ◯◯について、 △△について、 といった具合に、 あることについての見解があるのですが、 「愛について」…

12.ぼくは勉強ができない / 山田詠美

またこれも読みたくなるタイトル! コンプレックス系の暗い話かと思った。 けど、ナルシスト側ですね、 どちらかというと… 秀美君に惚れる女子は多いかもですが、 村上春樹と同じ感じがしていやだ。 多分全然違うけど。逆だね キャラクターがしっかりしてい…

11.ここは退屈迎えに来て / 山内マリコ

いわゆるマイルドヤンキーの話なのか。 声に出して読みたくなるタイトル。 帰る地元もないので、 分かるはずもないのだけれど、 「なんかわかる」と思ってしまう。 視点を代わる代わる変えて、 話の裏と表をくるくる回して、 テーマも内容も派手じゃないけど…

10.むかでろりん / 遠藤徹

小説ですが、これは漫画みたいでした。 小説読んでる気がしなかった。 映像が、濃すぎる! なんで? どうしてそうなる? というストーリー設定… 「狂ってる」という説明を聞いて、 ほう、と思って読みましたが、 確かに頭が違う。 狂ってるのですが、 書き方…

9.gift / 古川日出男

表紙が好きで、買ってみました。 ジャケ買いというやつですね。 非常に読みやすい、短編集! 旅行先でのんびり読むのが良い。 私は大阪行きの、 昼行の高速バスの中で読みました。 まったり。 文章が主人公になりきっていて、 違う人が書いてるみたいで面白…

2.表現力のレッスン / 鴻上尚史

読んだと言っていいのかわからない。 そもそも読んだだけで、 やってない。 ライブに役立つかなぁと思い、 買ってみた一冊。 基本複数人でやるレッスンなので、 家で読んでも実践できない。 早稲田の講義で使ってるらしい。 受けたかったなぁー 先日書いた、…

1.街の灯 / 北村 薫

カタカナの言葉を集めたくて読んだ。 昭和初期が舞台の小説。 お金持ち×有能な秘書×謎解き。 よく見るなぁ… 主人公が素人のミステリのことを、 コージー・ミステリというらしい。 それです。 狭義には女性向けの気楽に読めるコメディミステリとのこと。 女の…