Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

読書感想文

目標:月2冊という意識の低いブログ

17.あのひとは蜘蛛を潰せない / 綾瀬まる

椎名林檎リコメンドということで。

 

 

遅咲きの大人の話。

自嘲する表現がすごい上手だなあと思いました。

 

子供と大人の境ってすごく気持ち悪いですよね。

自我が芽生えた幼虫ってこんな気持ちかなとか思います。

蛹になって自分を見つめなおしてやっと蝶になるんですね~

 

あと、登場人物が多いのにしっかり覚えてる。

同じ職場の人、そこのお客さん、家族、恋人、、、

個性というよりも、その人の「やり方」が、

分かるように書いてるなあと思いました。

 

「蜘蛛という存在の扱い方」という判断基準が最初にあって、

この人だったらどうするかな、ということを考えながら、

それを自分にも周囲にも登場人物にも当てはめるような、

そういう読み方の本だなあと思います。