Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

読書感想文

目標:月2冊という意識の低いブログ

24. 火天の城 / 山本兼一

おさむらい言葉苦手で、
あまり歴史小説読まないのだけど、
(浅田次郎は読むけど)
お城建てる話なので、
嬉々としてとりかかった。

しかし、序盤辛かった…
分厚い、進まぬ…

登場人物もめっちゃ魅力的!ではなく
お城建てるまでがめっちゃ長かった…

しかし着工してからは早かった…!

穴太衆出てきてから止まらず、
(石垣が好きなの)
一気読みして今に至る。

そもそもがお城好きですけど、
これ読んだらもう、
お城見ただけで涙出ちゃうと思う…涙
当たり前だけど凄いことなんですよな 涙

昨日録画した、
歴史秘話ヒストリア(熊本城の回)も、
見るのためらう…涙

安土城は、
熊本城のおじいちゃんみたいなもんだからね
お父さんは大阪城(旧)だろうな
いや、おばあちゃんとお母さんかな?

読書とは擬似体験だと思うのだけど
この小説のそれは凄かったなあと思う
同等の歳月を過ごしたような読後でした。

もし読むなら、
「諦めるな…!頑張って最後まで読め…!」
というアドバイスをします。
建ってからがお城なんだからね!

しかしね、凄いなあ
この時代はどの仕事も命懸けだなあ。

今の時代、これだけの覚悟で臨むこと
あるかいな。

命落とす程のリスクがないのに、
同じだけの覚悟で仕事をするって
難しいことなんだけれど、
それ物凄く幸せだろうな。
めちゃくちゃかっこいいしなあ。

色々あーだこーだ言いたいけれど、
ネタバレしそうなので口をつぐむ…

我々も6/25には、
立派なTerminal3を竣工せねばならぬでな。
目前の建設に対して、
気持ちが引き締まるのでした。