Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

読書感想文

目標:月2冊という意識の低いブログ

26.ふがいない僕は空を見た / 窪 美澄

高速バスの車窓からお届けします。
8月がもう終わるというのに、
まだ7冊目だ…
しかし今日が終わる前に読みまくります!

この本は総じてなんだろう。

生来の気質なり、環境なり、
そういうものと向き合うのか、
向き合わないのか、
それはどういうことなのか、
についてのオムニバスのようだった。

みんな誰でも色々抱えてるじゃん、
まあ生理が重いとか、
肌が黒いとか、脚が太いとか、
そういうライトなのもあるし、
もっと人に言えないようなこととか、
言いたくない恥ずかしいこととか、
面倒事を何かしら抱えているんだみんな。

それを言い訳にしてしまうのか、
乗り越えていくのか、
それすら人それぞれなんだけど、
絶対ちゃんと向き合った方が良いんだよね。

分かっちゃいるんだけど、
すごい難しいし大変だし成功の見込みもないけど、
やんなかったらそのまま、下手すりゃ悪化、
やれば何かは絶対残るんよね。

失敗しようが、またやり直せば、
二回目はもっと上手くできるはずなんよね。

分かっちゃいたけど、
これを読むとね、
「自分はどうなりたいの?」
「じゃあどうしなきゃいけないの?」
って、背中で語られてる気分になった。

なんかこの本、読んでて、
最初の方本当イライラするというか、
気持ち悪いし、やだなーって、
途中で読むのやめちゃってたんだけど、
全部読もう、途中まで読んだんだし!
と思って、また再開したら、
すごくちょうど良いとこだったから、
寧ろ一回置いといて良かったなあなんて。

セイタカくんの話からが大事ですから!
そこで一呼吸置いても良いけど、
そこまで読んだならその先も読もう!

以上です。
めげずに頑張ろうみなさん 涙
いや、みんなは頑張ってるな、既に。