Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

読書感想文

目標:月2冊という意識の低いブログ

30.化学の扉をノックする / 小川洋子

訳あってSence of wonderについて考えているんだけれど、
Sence of wonderを凝縮した一冊だった。

小川洋子さんの本はこれで3冊目だけど、
( 原作映画を一本見たな、あと )
中の人だ…!と思った。
それも不思議だった。
可愛らしい人だった。

インタビュー形式で
様々なサイエンスに触れるのだけれど、
サイエンスとテクノロジーは違くて、
サイエンスは楽曲制作に似ていると思った。

宇宙の話がやっぱり好きで、
彗星の話とかとてもじんわりした。

粘菌の話も、鉱物の話も、
どの話もワクワクしたり、
身近に感じてほっこりしたり、
脳が若返るトキメキが溢れていた。

今後何度か読み返すであろう本。