Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

読書感想文

目標:月2冊という意識の低いブログ

22.凍りのくじら / 辻村深月

読む本を装丁で選んじゃうんだいつも…
私はこの本、出会っても買えなかったと思います。
この本を下さった方に大感謝です。

序盤は普通だったんですよね。頭のいい、賢い、高校生の主人公。苦労してるから、達観した考えができるんだ。いいなあ若い時から苦労して。ふうん。どうせ私はこんな風にちゃんとできないですよ…なんて自虐しながら読み進めていくと、ふと気づく。

あれ、この子、やっぱりまだ高校生だな。

気づくまでの流れが滑らかで、本当に気づいたら、あら?という感じ。一人称で、独白からポロポロと若さがばれていく。すごいなあと思いました。

主人公は藤子先生ファン。「Sukoshi Fushigi ゲーム」を心の中でしています。身近な人の個性に「Sukoshi F○○」と名前をつける。演劇の最初は、「善」とか「悪」とか「愛」とかを擬人化したものだったらしいけれど、それですよね、まさに。自分の中身と照らして、それぞれの人物を読むことができます。

「うん、とても良かった…」っていうのを一回転させられるのが、たまらないんですけれど、私。この本はそれでした。読んでいけば残ページ数でわかると思う。エピローグ前までがもう…なんかあんまり話せるとこないな…内緒だな…読んだら話しましょう!

展開としてとても面白いし、中身も読む人それぞれに寄り添ってくれます。ちょっと分厚いけれど、頑張って読んで欲しいなぁ。優しい世界の住人になりたいですな。

うああ、涙で枕がびしょびしょです。

みんなは「Sukoshi、…なんだろうなあ。